バレーボール スパイク 打ち方

バレーボールのスパイクの打ち方の思惑




バレーボール スパイクの助走と打点の中身

スパイク, 特訓
高さと強さの兼職に着目講じる

開きから強打するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の風はことなるものの、ジャンプ後のばらまきの持ち者や、ボディの力を思い切りと助かる書式組立は二つとも変わりません。

全身の流れと腕のぶりの両面で、常に「高さ」「強さ」という良い位での掛け持ちを意識して特訓に取り組もう。

命中数字
腕を伸ばしすぎても、逆にヒジを曲げすぎてもスイングは軽くのぼる。スイングの思いが最も強くなる自分なりの所を素早く見つけて、行えるだけそのポイントで打つようにしましょう。

腕を斜め上に伸ばしややヒジを曲げた見た目が、スイング威力が一番大きく繋がる平均的なパーツ。この見た目を微調整して自分なりの完璧パーツを掴みましょう。

肩の力を入れず右上述60度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる
肩に力を入れずに右側上60都度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる。

手のひらの位置は、肩の真上より少し前よりになる
手のひらの位置は、肩の真上より少し前寄りになる。

ミート観点
掌の指の付け根でボールの主体をと達えるように打つ。ここが最もボールに勢いが入り、コントロールし易い部分です。

ミート部分
ハンド・パームの上部、指の付け根でボールを打ちます。

助走
助走は踏み切りまでの終焉3歩のタイミングが最も大切です。右手で打つスパイカーなら「左、右、左」の3歩になるのが、クイックスパイクの場合は踏み切りまでの早さが重要なので、「右、左」の2歩で飛ぶことも多いです。

「3歩助走」開きスパイク

トスを見ながら左足から助走をスタートする。
右足で2歩目。両手で大きく後に振るのは、踏み切りでのちへの現状を塗るためです。
3歩目で左足をかかとから横向きに踏み込んで、体の前への動きをとどまる。この時右足もつられて少し前に芽生えるので、両足いっぺんに踏み込むような風情を持ちます。
両足でフロアを著しく蹴って真上へ飛ぶ。


「2歩助走」クイックスパイク

ボールを見ながら、右足を一歩広く出す。
左足を横向きに挑み、一気に右足もやや前に出して重心を和らげる。
両足で強く床を蹴って真上に飛ぶ。
人気の張り付く助走のとりクライアント

3歩助走は、1歩目は少なく、2歩目は少し激しく頻度にのぼり、3歩目は著しくカカトから挑みます。助走のルートはインターネットに関してまっすぐ入り交じるよりも、斜めに入るとより活気がつきます。

踏み込む時は裏スイングをすごくとり、腕のぶりを通じて全体を上げる意識でジャンプしましょう。

のスキルをあげるコツ

唐黍よりデコレーションをまわる

ラリー内側の助走動きを身につけるには、ネットからまっすぐ下がったと時に唐黍を置き、唐黍より外面をまわって助走します。打つことよりも助走を凄まじくすることを意識し、一連の動きを繰り返しましょう。

ラリー当事者の助走の施策

身に付く練習法

邪魔打ちを連続してできるようにしましょう。

障壁打ちはゼロ人で狙えるスイングとミートの特訓です。障壁にかけてボールをミートさせます。正確な界隈でミートすれば階から障壁に当たったボールは、また打てる界隈に戻ってきます。連続で打てるように特訓しましょう。


オーバーの裏を願う意識を身につけよう

エンドラインの1m外層に曲線を吐出し、アウトになってもいいのでその空きにかけてスパイクを打ちましょう。ジャケットの裏を狙う注視が生まれることで、曲線ぎりぎりの通り道を打つことができるようになります。



短時間でスパイクが上達する裏技

⇒  スパイク上達革命
   
〜婦人バレー選手と小・中学生のためのスパイク維持パック〜
   
【元全日本代表大物アタッカー加藤陽一様作製】








 

サイトマップ